youtubeでの動画投稿はタイトルが大事

YouTubeなどに動画を投稿するということで色々とそれを楽しみにしているという人も多いです。趣味、といってもよいでしょう。しかし、やはりこういうサイトを利用して投稿していくということの利点として収益になるから、ということがあるわけです。
いろいろと大変なこととしてあるのが、どんな動画を投稿していくのかということであり、そして、細かい設定を考えることになって再生数を増やすということができるようになります。
まず、そもそもYoutubeで動画を投稿することによって広告収入を得られるというのは収益化というのが行われていることが条件になります。この収益化というのは、かなりハードルが高くなっています。何度か条件が変えられているので具体的にどうこうということをリアルタイムでの情報として提供することはできないのですが、結構な数の登録者数と投稿している動画の総再生時間が基本的には条件になっています。
それと暴力的なコンテンツとか性的なコンテンツというのは弾かれるということもあります。
さて再生数を上げるためにどうすれば良いのかということですが動画の質を高めていくということができれば基本的には色々と宣伝とかアピールをした方が良いということは間違いないですが、人気が出る動画というのは質が良ければ本当に人気がすぐに出てきます。
再生数をアップさせるために最初に考えるべきことと言われているのがタイトルです。言い方は悪いのですが煽るようなタイトルをつけることが重要です。ここでセンスが試されると言っても過言ではないです。
キーワードツールというのがあってそれで検索されやすいキーワードを探し出し、その動画の内容に合うキーワードをタイトルに埋め込んでいくということが重要です。
そして他に喪大事になってくるのがディスクリプションの設定です。
タイトルで補うことができない部分をディスクリプションでしっかりと説明していく、ということになります。
実は最大で5000字まで入れることができますが最も重要なのは150文字程度まで、といわれています。
これはそれ以上になるとたたまれてしまうので、最初にアクセスした人やあるいは検索レンジなので引っかかる時にそれなりに見られる部分としてあるのが最初の150文字であると言われているからです。
このあたりを意識して動画投稿をするときによくよく考えて文章を決めるということが再生するに繋がったりするので覚えておくと良いでしょう。